大人の恋愛って何!?大人の恋愛で二人が本当に幸せになるための大人の関係に…

恋愛

大人の恋愛ってどんな関係か理解していますか!?

決して一夜限りの体の関係や、浮気や不倫といったそういった愚かな行為を肯定するための口実ではありません。

大人の恋愛、大人の関係というのは二人が幸せになるための恋愛の事

では、今回はそんな大人の恋愛、大人の関係というのはどういったものなのかをご一緒に見ていきましょう。

《大人の恋愛とは?》「お互い」を尊敬しあっている

大人の恋愛として関係を築いていく上で大切にするべきこと、それはしっかりとお互いを尊敬しあうこと」です。
今、彼氏・彼女がいる方は、相手のことをしっかりと尊敬できていますか?
多くの人は長く付き合っている恋人に対して「尊敬すること」をおろそかにして「なんでも言い合える関係」から勘違いをして見下してしまったりしがちなんです。

男性をなんだか下に見てしまうという女性、女性を雑に扱ってしまう男性にそれぞれなってしまうのは、「相手を尊敬していないから」なのでしょう。

まず根本的な原因として、付き合う前にしっかりと考えて「尊敬できる人」を選んでいないからでしょう。
一緒にいるとなんだか楽しいから」「なんとなく恋愛関係に発展したから」というような、気分や流れに身を任せて発展した関係は、「相手を尊敬する」という大事な部分がが欠落する可能性が高くなります

大人の恋愛をする上で大切なのは、相手を一人の人間として尊敬し、尊重してあげること。

自分にとって都合が良いのか悪いのかといった観点からではなく、しっかりと自分と恋人のことを冷静に考えてあげることが長続きする落ち着いた恋愛関係を築いていく上で大切になるのです。

一般的に言われている「恋愛」と「大人の恋愛」では、お互いの愛を確認する方法が根本的に異なっています。
「大人の恋愛」は意味もなく相手を不安にさせたり、無駄に焦らしたりすることなく、まっすぐに愛を伝えて確認することができる関係のことを呼ぶのでしょう。

《大人の恋愛とは?》「愛の言葉」はハッキリと伝える

大人の恋愛をしていく上で大事なことは、「愛をしっかりと相手に伝えること」です。
一般的な恋愛関係の場合、「恋愛においては駆け引きが大事」といったような信頼関係とはかけ離れた状態を良しとする傾向があります。

ですが、それはただ単純に自分自身に魅力や自身がないことを隠すダサい恋愛をする人の象徴的な考え方とも言えるでしょう。

落ち着いた安心感のある恋愛関係を築きたいのであれば、決して駆け引きのような無駄な相手を試すような行動をするべきではありません。
「好きだよよ」「あなたがいてくれて、幸せだよ」「信じている」と、はっきりと愛の言葉を伝えることが一番相手にとって嬉しいですし、大人の対応といえるでしょう。

たしかに付き合う前や付き合い始めならば、焦らしたり不安を感じさせたりして一時的に自分への興味を引くことは可能ですが、長続きする信頼関係をしっかりと築いた安心した関係にしていきたいのであれば、無駄な回り道はせずにまっすぐに気持ちを伝えることが大人の恋愛です。

《大人の恋愛とは?》対等な関係であること

若い頃や付き合いたての恋愛は、男性が女性を守ってあげたくなったり、女性が放っておけない男性の面倒をみたりするのが一つの愛の形だと思っている人も多くいるのかもしれません。
ですが、大人の恋愛に求められるものは、お互いが強くしっかり自立していて対等と呼べる関係でいること。

確かに自分の弱い部分を相手にさらけ出して支えてもらうことは恋愛においては大事なことかもしれません。
ですが、もっと大事なことは自分も恋愛の中で成長していかなくてはならないということ。

「男性が幸せにしてくれるもの」女性がそう思って恋愛をすることは良いのかもしれません。
そうやって責任感や義務感で男性などであれば常に成長しようと努力をするもの。
ですが、その中で自分は相手に頼り切って自分の中で思い描く、確実に幸せになるであろう未来に甘えて何もしないでいると、そんな人任せな恋愛に相手が嫌気をさしてしまうかもしれません。

恋愛において大事なことは、片方が辛い時には片方が支え、片方が努力しているのであればそれを支えてあげるのかしっかりと自分も一緒になにか努力ができるのか。

二人の絶対的な関係に甘えたくなる気持ちはわかりますが、本当に愛し合っている関係というのはしっかりとお互いが常に上を目指して努力をしている関係のことをさします。

もしも相手だけ頑張っていて自分は何もせずに甘えているだけの恋愛をしているのであれば、いつか確実に二人の関係に終わりが訪れるでしょう。

そうならない為に常に相手の為に努力して自立できている関係というのが大人の恋愛であり、大人の関係なのでしょう。

《大人の恋愛とは?》相手のせいではなく、相手のおかげ

恋人と付き合っていく中で、感謝の気持ちというのはとても大切なものですよね。

そんな二人の恋愛の中で、好きな人と深く関り様々な経験をしていく中で「相手のおかげ」と「相手のせい」とどちらともで捉えられるような状況が出てきます、
その中でどう捉えて、感じるのかでは大人の恋愛なのか普通の恋愛なのかという違いや差が生まれるんです。

好きな人と深く関わりながら日常を送れている事実は、そうではない人から見ればとても素敵な時間に思えるのですが、普通の恋愛をしている人からすると感じてしまうストレスに目が行きがちになってしまいます。

一緒に生活する中で何かに腹を立てたり、思い通りにならない時に「相手のせい」を考える機会が多くなり、ケンカの原因だって相手のせいにしてしまう。

恋愛というのはシンプルなもので、どれだけ「感謝」や「尊敬」といったプラスの感情や言葉を二人で共有できるのかによって関係は変わっていくもの。

やはり恋愛というものは自分だけではなく相手もあるものなので、思い通りにいかないことのほうが多いのかもしれません。
ですが、そんな中で付き合っている人間しかもらえない「愛情」という何にも代えられないものを日々受け取っているということにしっかりと感謝しなければならないことを忘れがちなんですよね。

いつもつまらない話を聞いてくれたり、何か頑張ろうとしている時には応援してくれたり、辛くて落ち込んでいる時には心配してくれたり。

確かにお互いいろいろな性格や価値観の違いや、タイミングの問題で感じる不満が文句になって口に出ることもあるのかもしれませんが、見方を変えれば得ようと思って得られないものを彼氏や彼女はきっと与えていてくれるということに気づけるはずです。

お互いの生活パターンや考え方が違うだけで何かと不満などをぶつけてしまいたくなってしまう時もあるかもしれませんが、そこに感謝の気持ちでお互いに労り合うという考え方が、二人の付き合いをより良いものに変えてくれるでしょう。

大人の恋愛というのは、こういった一つ一つの目の付け所からしてしっかりと相手を尊重できている関係のことを指すのでしょう。

「どんな時も感謝」と言ってしまうとかなり大げさに感じますし難しいですが、しっかりといろいろなことに気づいて感謝できるのが大人の関係であり、大人の恋愛なのでしょう。

《大人の恋愛とは?》飾らない自分で…

大人の恋愛というのは無理して見栄を張ったり自分を大きく見せようとしない関係のことを指します。

男性なら自分をカッコよく見せたいと思ったり、女性なら女性として汚い部分などは絶対に見せまいと思ったりするもの。
見た目の部分でそういった気持ちになるのは少し気疲れしてしまうものの、相手を思うからこその考えでもありむしろ自分を魅力的に見せてくれるのかもしれません。
ですが、内面は変に無理をする必要はありません。

そして中には、自分の内面を良く見せようと好きだからこそ「嘘」をついてしまったりする人もいたりするとか。

一通りそういった恋愛を続けていると、いつしか本当の自分でありたいと思ってしまうでしょう。
そして好きな人の前でなるべく自分の素を見せたいと思うだけでなく、何よりも好きな人の素を見たいと思うようになったり。

その考え方ができるようになると大人の恋愛ができるでしょう。

嘘で塗り固める恋愛よりも、本当の自分で好きな人と一緒にいたいと思い、お互いがそうであれることが大人の関係と言えるのでしょう。

恋愛は相手から好かれるための努力が欠かせませんし、その気持ちを失ったらある意味終わりだと思うのですがが、普通に恋愛をしている人は恋愛では少し無駄に理想を追い求めるところがあるんですよね。

ありのままの恋人を知りたい気持ちよりも、素敵で完璧な恋人のイメージのままでいてほしい。

おそらくそう思う方は、きっと「すべてを知る」=「幻滅する」という感じで恋人の素を知ることが怖かったのでしょう。

自分に恋人のすべてを受けいれるだけの覚悟と愛がなく、自分の理想と離れる彼女は嫌だったのかもしれません。
そういった意味では、相手に完璧を求めてしまう恋愛を望むのも、大人の恋愛とは対照的な恋愛なのかもしれません。

大人の恋愛をする人は、相手の飾らない態度や姿を見た時に本当の意味で恋愛ができていると感じるのです。
自分のすべてをありのままに表現する姿が嬉しく、逆に恋人が自分が見せてくれる新たな一面も嬉しく思えたり。
そしてそれまで持っていたイメージとのズレをしっかりと愛で修正できたり、カバーすることができるんです。

大人の恋愛というの自分本位な恋愛ではなく、お互いに合わせていくことが主体である為に、二人ともが無理をしている恋愛ではなくありのままの自分たちで素敵な付き合い方をしていこうと思える関係のことを指すのでしょう。

《大人の恋愛とは?》お互いを信じること

お互いを信じることも、大人の恋愛にとっては大切です。
「実は自分以外にも気のある人がいるんじゃないか」「今来たLINEは異性からに言い寄られている人からなのでは」など、何でも疑い始めてしまうとキリがありません。
しかし、これらの心配事の大半は「起きてもいないこと」である場合の方が多いはずなんですよね。

確かに中には本当に浮気や不倫をしていた…というケースもあるのかもしれません。
そう思うのであれば、しっかりと相手に問うてみたり距離を置いたりするなどすなければならないかもしれません。

ですが、「一緒にいる」そう決めて付き合っているのであれば信じることが大前提です。

よく「浮気や不倫をされてしまった英検があった上で相手のことが信頼できない!」と言って相手のせいにしている人がいますよね。
確かにそれはその通りなんです。

ですが、そこで相手と別れないという決断をしたのであれば自分も腹をくくる必要があるんです。
もしも一緒にいて辛くなったり疑ってしまって不安の方が大きい恋愛なのであれば別れるべきです。

はっきりと言わせていただきますが、お互いのことを信用できない恋愛には未来はありません。

そして、もしも相手が浮気や不倫を全くしていないのに逆にそうやって自分は相手を疑ってばかりいるのに、相手からは自分を信じてもらえるという都合のいいことはあり得ません。
こちらが疑えばもちろん相手もあなた疑いますし、こちらが信じれば相手も信じてくれるものです。
大人の恋愛ができる人は恋愛を上手く進めるための第一歩として、まずはお互いを信じることを意識的、もしくは無意識のうちにできているのです。

《大人の恋愛とは?》束縛をしない

「飲み会に行っちゃだめ」「あの人と遊んじゃだめ」と、束縛ばかりだと関係に嫌気がさしてきてしまうものです。

そもそも大人の恋愛において恋人から束縛されるということはありません
というのも、大人の恋愛ができる二人は相手に言われなくとも自分で恋人のことを思いながら自分自身に束縛をして行動を制限するから。

また、恋人とばかりずっと一緒に過ごしていると、様々な価値観を吸収することが難しくなってしまい、人間としての幅が狭まってしまうかもしれません。

そのため、たまにはお互い恋人以外の友人と遊んだり、自分だけの趣味の時間を設けたりと、自分の時間を持つことも大切です。
「会えない時ほど思いが募る」とも言いますし、離れている時にこそお互いの大切さを実感できるもの。

決して無理に距離を置いたり離れたりする必要は全くもってありませんが、自分の時間というものをしっかりと尊重しあえるということも大人の恋愛においてはとても大事なことなのかもしれません。

《大人の恋愛とは?》過去の恋愛を気にしない

ある程度の年齢であれば、過去に色々な恋愛経験を持っている人が大半でしょう。
ついつい相手の元カノや元カレのことを自分で聞いたり相手の口から聞いて嫉妬してしまったり、疑心暗鬼になって自分に自信がなくなったりしてしまうかもしれませんが、過去を気にしていると恋愛では前には進めません。

そもそも過去の恋愛をどうしても気にしてしまう人なのであれば、付き合う前に聞いて消化するか、付き合わないかを決めるのが筋です。

それなのに、付き合っている中でこと元カノや元カレの事を知って相手を咎めてしまうなんてお門違いです。

人というものは、様々な経験を積んで性格や価値観が形成されていきます。
過去の恋愛遍歴も、今あなたが大好きな相手を形作ってきた重要な要素の一つでもあるのです。
過去の恋愛をそこまで深く詮索せず、相手を作り上げてきた元カノや元彼に感謝をする必要は全くありませんが、過去を恐れず未来を築き上げていく。
これこそが、大人の恋愛を長続きさせるための秘訣です。

そうやってそれぞれの環境で培った知識や価値観をお互い共有し合えばさらに二人は成長できるはずです。
自立した大人ですので、自分の時間も大切にしながら過去は詮索せずに相手との今の関係性をじっくりと育んでいく関係というのが大人の関係と呼べるのではないでしょうか?

《大人の恋愛とは?》相手の為に恋愛をする

大人の恋愛というのは、自分の事よりも相手の事を考えて相手の為に恋愛をしようと思える関係の事。

逆の関係だと、自分が中心となる恋愛。
自分で持っている恋愛に対する理想像が存在し、相手にこうして欲しいとか、相手と一緒に何をしたいとか、自分で恋愛のシミュレーションをすることが多いものです。

そういったシミュレーション通りに恋愛が進むこともあるかもしれませんが、実際には自分が意図しない行動を相手がしたり、付き合っている中では自分が相手にしてほしいと思っていることを相手がしてくれなかったりすることもあるでしょう。

「なかなか会いたい時に会ってくれない」「本当は奢られたいのにいつも割り勘」など、恋愛中に相手に対してそうしたジレンマや不満を持ってしまうことは、自分本位な恋愛を本能的に求めてしまっているからでしょう。

大人の恋愛は、自分のための恋愛ではなく、自分よりも相手に与えるための恋愛と考えています。
自分よりも相手の都合を考え、相手のために何かをしたいと思うのが、大人の恋愛です。

ギブ・アンド・テイクではなくギブ・アンド・ギブなのです。

確かに自分が何かをしてあげた分だけしっかりと評価してくれないと嫌だ!と思う人もいるかもしれませんが、大人の恋愛ができる人というのは仮に自分のした事が正当に評価されなくとも他の部分でカバーする機転の利く人が多いです。

また、大人の恋愛に発展している時点でそういった自分の思いだけが一歩通行といった状況にはまずならなりません。
相手に何かをしてもらった自分が喜ぼうとするのではなく、相手を喜ばすために自分には何ができるかを考えられるようになれば、大人の恋愛ができているのでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

大人の恋愛というのは難しく感じるかもしれませんが、そんな事は一切ありません。

大人の恋愛=相手を尊重した恋愛という事です。

これができるだけで二人の関係というのは一気に変わりますし、結婚はもちろんのこと、結婚後も円満な関係を築く事ができるでしょう。(もっと詳しく恋愛のコツについて知りたいという人は、こちらの記事を見てみる事をオススメします)

この記事を通してあなたと恋人が素敵な関係になってくれる事を心から祈っています。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました