彼への甘え方がわからない女性必見!!彼に愛される甘え方について徹底解説!!

恋愛

みなさんこんにちは、めこちゃんです。

最近私のTwitter、InstagramのDMに「彼への甘え方がわからない」という相談がちらほらときています。
ということで今回は、そんな方々のご要望にお応えし、彼に可愛がられる甘え方について徹底的にご紹介します。

甘えなくちゃいけないの!?

甘え方がわからないという相談と同じように、そもそも彼氏に甘える必要はあるのかという相談もされます。

結論から言うと、別に甘えたくないのであれば甘える必要はないと思います。
ただ、甘えると自分自身が良い思いをすることができるのではないかと思います。

やはり女は愛嬌という言葉もあるように、女性の笑顔や可愛らしさというのは男性には生み出せない魅力を持っています。

なのでそんな魅力を持っているのであれば、どうせならふんだんに使ってやればいい!というだけの話です。

まあ少なからずこの記事を見つけ出して開いてくれている時点で、甘えたいという気持ちが多少はあると思うので、せっかくならこの記事を参考にして甘え方について一緒に見ていってください。

《甘えるタイミング》

彼氏に甘えるのが苦手だと思ってこの記事を読んでくれている女性であればきっと、甘えるタイミングでも頭を悩ませてしまうことでしょう。

ということでここでは、甘えやすいタイミングと甘えると良いタイミングをお教えしていこうと思います。

《甘えるタイミング》家デートで…

彼氏に甘えるタイミング1つめは「家デートの時」。

家デートといえば2人きりで過ごす空間であったり、映画を見ていたりテレビを見たりすることが大半なので、不意のちょっとした瞬間を境に甘い空気が流れやすく、甘えるのが苦手な女性でもチャンスが巡ってきやすいシチュエーションなのです。

そんな家デートでおすすめな甘えるタイミングは、2人で横に座っている時に「そっと手を重ねてみる」「肩にもたれかかってみる」という甘え方。

なかなか積極的になれなくて恥ずかしさが勝つという女性でも、さりげなく手に触れたり寄りかかるだけであとは彼氏の行動にゆだねることができます。

それにもし仮にうまくいかなかったとしても、別に甘えたい!という姿勢が全面的に出ているわけでもないのでダメージも少ないかな?と思いますよ。

《甘えるタイミング》車の中での上手な甘え方

続いて彼氏に甘えるタイミング2つめは「車の中」です。

車の中というものは、実は甘えるチャンスがたくさんあるんですよね。
もちろんおうちデート以上に密室で近い距離にずっと居られるので甘い雰囲気になりやすいですし、甘えるタイミングとしては最高かもしれません。

信号待ちをしている時なんかは、恋人同士であればコミュニケーションをとらないほうがおかしいですし、こちらを向いた時に微笑むだけでも良いかもしれません。
少し積極性のある人であれば、頰にキスをしたりしてあげると一気に良い雰囲気に持っていけるはずですよ。

それに車の中で彼女とイチャイチャしたいと考える男性というのはとても多いです。
しかも信号待ちの時間に甘えたり、なんらかのコミュニケーションをとることを習慣付けていけば、甘えやすい雰囲気を自動的に作ることもできるのでおすすめです。

《甘えるタイミング》遠距離恋愛で

彼氏に甘えるタイミングの3つめは「遠距離恋愛」です。

遠距離恋愛というものは、なかなか会えないからこそ的確に甘えることができますし、理由付けもしやすい状況であるとも言えます。

遠距離恋愛の方であれば電話を使って甘えるようにしてみましょう。

例えば電話での会話の中で「早く会いたいなぁ」と一言添えてあげるだけでも彼氏からするときゅんとするだけでなく、次会った時には甘えさせてあげたいという気持ちになるはず。

遠距離恋愛をしている時には会えない=寂しい、会えない=甘えたい、という風にシンプルに相手も受け取ってくれるので、あなたの一言一言をしっかりと尊重して甘えやすい空気を作ってくれるかもしれませんね。

《甘えるタイミング》ベッドの上で

彼氏に甘えやすいタイミング4つめは「ベッドの上」です。
やはり付き合っていると、セックスをするわけで、普段甘えられないという人でもその時にしっかりと甘えられると良いでしょう。

セックスは愛を伝え合う行為なのですから、そこで普段甘えられていない分しっかりと甘えられると良いかもしれませんね。

機会がなければ難しいですが、もしもする機会があるのであれば、行為の途中でも終わった後でも良いので甘えるようにしてみましょう。

セックスの最中であれば、相手に甘えているという印象を与えることもあまりありませんし、セックスのプレイの一つだと思う人が多いと思うので、その心理を利用して少しずつ甘えることに慣れていきましょう。

《彼氏への甘え方》

甘えるタイミングがわかってきたら今度はどうやって甘えていけばいいのかを知りたいところですよね。

ということで続いては、どのように甘えていくべきなのか、彼氏への甘え方を一緒に見ていきましょう。

《彼氏への甘え方》恥じらいながら甘える

甘え方がわからない、なんだか甘えるのが恥ずかしいと思っている人はその気持ちを利用してやりましょう。
女性では気づいていない人が多いのかもしれませんが、恥じらいながら甘えると、男性に「可愛いな」と思ってもらえます。

男性は女性の恥じらう姿に弱いもの。
付き合ってから何年たっても彼女の恥じらう姿を見るだけでもなんだか嬉しくなったりもします。
そんな男性は恥ずかしそうに甘えられることで、キュンとするものです。

甘え下手な人は、確かに甘えるのがちょっと恥ずかしいかもしれません。
しかし、その恥ずかしがりながら甘える方が男性の心を掴むので、変に策を練ったり考えすぎずにありのままの自分で甘えてみましょう。

《彼氏への甘え方》基本は頑張り屋でたまに甘える

男性の中には、すぐに甘えて頼ってくる女性より、できるだけ自分で頑張ろうとする女性を応援したくなる人もいるそう。
いつも仕事で頑張り屋のだったりツンとしている女性がたまに甘えてくると、ギャップにキュン!ときたりするものです。

別に頑張り屋でないという人が無理に頑張り屋になったりクールぶる必要は一切ないと思いますが、もし普段自分がいろいろと気を張っていたり、彼の前でも良いところを見せようと必死になっている部分があるのでしたら、たまには肩の力を抜いて素直に甘えてみるのも良いかもしれませんね。

こういったタイプの女性は彼に嫌われないかとか、印象が変わってしまわないかなどいろいろと考えてしまっているかもしれませんが、きっと甘えられたら男性はあなたのことを全力で守ってあげたくなりますよ。
基本的にいつも自分で頑張たり気を張ってしまっているという女性は、彼に甘えることを息抜きにしてみるのも良いかもしれませんね。

《彼氏への甘え方》頼りにしながら甘える

男性というのは頼られると嬉しい生き物です。
なのでそんな単純な男性の心理を利用して甘えてあげましょう。

どうやって頼るのかというと、ベタなもので言えば高いところにあるものをとってもらったりだとか、瓶の蓋があかないのを開けてもらったりだとか。

そんなベタなもので十分でしょう。

頼りにすることをきっかけに甘えることができれば、男性側も嬉しいですし、甘え方としても違和感が特にないので、どうしても甘えるのが恥ずかしいという女性でも比較的甘えやすい方法だと思います。

《彼氏への甘え方》感謝をしながら甘える

記念日や何か祝い事があった時に甘えてみるのも良いかもしれません。

日頃の感謝の気持ちなどをただ普通に言うのではなく、少し上目遣いで自分の出せる可愛さを前面に出しながら感謝することができれば、きっと彼も嬉しいでしょう。

そのほかにも何かを買ってもらった時や、何かをしてもらった時などにしっかりと目を見てありがとう!と言われるだけでも彼からしたらかなりキュン!としてしまうもの。

ただ感謝することでも目をしっかりと見てあげたり、さりげないボディタッチをしてあげるだけでも十分可愛く甘えられると思いますよ。

男性は単純ですからね。

甘えなくてもいい!?

なんだか甘え慣れていなかったり、甘えるのが苦手な人は「甘えないと!」と必死になっている人が多いのですが、一旦落ち着きましょう。

男性側の心理から考えていただくとわかりやすいのですが、女性が男性に甘えた時の男性の心情としては「可愛い」だとか「愛おしい」と思うのがほとんど。
実はそんな気持ちってあなたと一緒にいる時になんとなく感じる気持ちとあまり変わりません。

というのも、甘えないといけないという気持ちから勝手に自分の中で恋愛を難しくしているだけで、彼からしたらぶっちゃけ可愛ければなんでもいいんです。

私の彼女も付き合う前などのアプローチなども不器用で上手いものだとは言えませんでしたが、私としてはそんな姿が可愛いと感じたり、その後付き合った時には思い出すたびになんだか嬉しくなったりします。

私のInstagramやTwitterのDMに相談してきた人の中でも少し勘違いをしている女性が多いように感じたのでここではっきりと言わせていただきますが、男性は甘えられているな!と感じたり理解できるほど賢くありませんし、単純な生き物です。

見て可愛いと思ったら可愛いですし、それは別に甘えてこようがどんな方法だろうと関係ありません。
なので別に無理に背伸びをしたり必死に甘えようとしなくても、あなたがもし彼に「可愛い」と言われているのであればもう可愛いんです!(語彙力なくてごめんなさい笑)

「甘えられない私は可愛くない…」なんて勝手に思ってしまうのではなく、むしろ「甘えられなくても可愛いって凄くね!?」くらいに思ってあげれば良いと思いますよ。
実際にその通りですし、甘えられなくても可愛いと言われるくらい可愛い自分が上手に甘えられるようになったら…
なんて考えながら心に余裕を持って甘えられるタイミングで、自分のやり方で甘えてあげれば良いと思います。

少なくとも私は彼女が甘えられなくて悩みながら恋愛の記事を参考にしていることを知ったら、それだけで十分可愛くて愛おしくてたまらないと思いますね。

甘えた後はお礼を欠かさない

やっぱり彼に甘えるということはなんらかの形で尽くしてもらったり少しは迷惑をかけてしまったりしているはず。

なので彼に甘えた後は「ありがとう」を忘れないようにしましょう。
お礼が言えないと彼からすると自分の好意を当たり前に適当に扱われているのかと悲しくなってしまいますし、そんな状態が続くとあなたが甘えてくることに対して鬱陶しいと思ってしまうかもしれません。

意外と感謝の気持ちというのは自分が思っている以上に伝わりにくいものなので、少しオーバーなくらい感謝することで彼にもしっかりと気持ちが伝わりますし、何よりそういった姿が彼にとって可愛いと思ってもらえたりするのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

上手に甘えることで、彼はあなたを守ってあげたくなるものです。
もっと甘えてほしいと思われるような可愛い甘え方をマスターして、彼に可愛がってもらいましょう!

ですがとりあえずあまり気を張らずにありのままの自分の可愛さも大事にしてあげてくださいね。

それから最後によろしければぜひこちらすぐ下の私めこちゃんのTwitterとInstagramのアカウントのフォローもお願いします!!

Twitter

Instagram

Instagram

今回も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました