好きな人ができない・恋がしたい人必見!好きな人の作り方と出会い方。

恋愛

好きな人ができないのはなぜ

別に恋愛がしたくないわけではない。だけどその恋愛の機会が無い…そんな悩みについて原因を探っていきましょう。

出会いがない

今の職場、学校などで出会いが少なかったり親しくなりたいと思うような人がいない。

昔男子校、女子校に通っていた。

そもそも異性との接点がなければ恋愛なんてできませんよね。

この記事を読んでいる方の中にもそんな方は多いのではないでしょうか。

恋愛において環境はとても大事であり、自分の努力次第ではどうしようも無い事でもあります。

恋愛をしたいという強い気持ちがあっても環境のせいで恋愛ができない方はそういった環境で無理して恋愛に発展させようと頑張る必要は無いと思うのでまた他の恋愛できる環境を探しましょう。

理想が高すぎる

恋愛したいけど自分の理想に見合った人が全然いない。

これも恋愛ができない理由の一つですよね。

誰かと付き合ってこれから長い間共に過ごす事を考えたら理想を持つことは大事だと思います。

ですが一つだけ注意をしておいて欲しい事が、自分が選ぶ立場であるようにまた相手も選ぶ立場であるという事。

あなたが相手に求める分、あなたもそれ相応の人間である必要があるのです。

その為にはまず自分を知る事。

自分のレベルを知って理想の相手と比べた時に劣っていると感じた場合には自分をしっかりと磨いていきましょう。

恋愛で傷ついた過去がある

恋愛したいけど、過去の恋愛が前へ一歩踏み出す勇気を邪魔してしまう。

過去に恋愛で裏切られたり辛い経験をした人に多いのですが、恋愛をする事が強くなってしまっているんですよね。

正直これに関しては無責任に頑張れと背中を押す事はできないので仕方の無い事だと思います。

無理に立ち直ろうとして前を向かずに立ち直れるまでは自分を大事にしてあげてください。

そしてまた恋愛がしたいと思った時にこの記事を見ていただけると嬉しいです。

404 NOT FOUND | 恋愛Blog『せったーくんの部屋』
恋愛から美容(主に脱毛)。その他にも最新のオススメを提供するブログサイト。

恋愛よりも大事なものがある

恋愛以外にも仕事やプライベートなど大事なものがたくさんあるから恋愛をしたいと思わない。
そんな人もいますよね。

忙しいから恋愛なんか邪魔臭い!
そう思う人もいると思います。

ですがそんな方も恋愛をしてみると考え方が変わって新しい景色が見えてくるかもしれませんよ。

また、仕事などで忙しすぎて恋愛したいのにできない。恋愛に本気になりたいけど生活する為には仕事の方が大切という方もいると思います。

確かにその通りなので仕方が無いのですが、そうやって恋愛を諦めてしまわずに少しでも恋愛をしようとする姿勢でいるかいないかで全く違うので諦めないようにしましょう。

好きな人が欲しい!好きな人の作り方

好きな人の作り方がわからない。
できる気配がない…そんな方も少し生活や考え方を変えるだけで好きな人ができるかも?

理想の人をイメージしてみる

まず自分の好きな人ってどんな人だっけ?

そんな事を改めて考えた事なかったという人も結構いると思いますが、好きな人を作る為には理想のイメージを膨らませる事はとても大事なんです。

性格が良い人?
スタイルが良い人?
顔が良い人?
経済的に豊かな人?

最初は抽象的な事から徐々に具体的にイメージを膨らませてみてください。

そうすると理想の人物像が出来上がってくると、
実は運命の人は身近にもいるかもしれませんよ。

映画や小説を読んでみる。

理想の人のイメージすら思い浮かばない…
そんな人は映画を見たり小説などを読んでみる事をオススメします。

映画だと実際に目で見てわかりやすいので単純に「こんな人かっこいいなー」とかそんな感じでも良いと思います。

ただ映画は薄っぺらいラブコメ映画などではなくしっかりとしたものをみる事をオススメします。

そして映画だと理想が高くなってしまいそう……という方は小説を読む事をオススメします。

むしろ小説の方がイメージはしにくい分具体的にしっかりとイメージできるのでオススメです。

映画を見たり小説を読む事で恋愛に対する価値観や意欲が変わってくるのでオススメです。

自分に自信をつける

好きな人がなかなかできないという方は、自分に自信がつくように努力をしてみてください。

正直これが恋愛をする為に一番大事だと言っても過言ではなく、自信がついてくると自分の価値観が変わったり物事に積極的になります。

小さい事でも構いません。自分で継続して行える事から始めて、続けていくと気づいた時には昔の自分と見違えるほど魅力的になっていたりします。

何をしたら良いかわからない人はまず自分を磨くという事から、恋愛に向けた努力を少しずつ積み重ねていきましょう。

出会いが欲しい!!

好きな人はできるかもしれない…
でも好きな人と出会う機会が無い!

そんな人でも心配しないでください。
きっとあなたに合った出会いの場があります。

定番の合コン

出会いの定番といえば合コンでしょうか。
手軽なので良いですよね。

でも申し訳ないのですが、僕は全然オススメしていません。

なぜならまず合コンは手軽すぎる分良い人を見つけるのが困難だからです。

付き合いたいという目的だけではなく、ただ単に体の関係が持ちたいというような人も多うんですよね。

そして大した成果も上げる事なく何度も合コンに参加して食事代だけかかってしまうというケースが多いです。

それにきっとこうやってネットで検索をしてこの記事を読んでいる人って結構合コンとかがあまり好きじゃなくて、真剣な恋愛がしたいというような人が多いんじゃないかな?と勝手に推測しています(笑)

出会いを増やしたいなら街コン

街コンとは簡単に言うと街全体を舞台にしているお見合いコンパのことです。

参加者は街中で指定をされたお見合い場所に足を運び、参加者同士で交流を深めるというもの。

スポットは観光名所などになっているパターンもあり、お店が指定されているパターンもあるんですよね。

街コンのメリットは、とにかく多くの異性と知り合うことができるという事です。

個人的には合コンよりも真剣な出会いであるので圧倒的にオススメなのですが、出会いやこういった場に消極的な方からすると少しハードルが高いかもしれません。

結婚を前提とした付き合いなら婚活パーティー

結婚を前提に出会いを探すなら絶対に婚活パーティーが良いです。

婚活パーティーとは主に企業が主催しているパーティーで、結婚相手を見つけたい男女がパーティーを通してお互いの相性を確かめるというもの。

パーティーの内容は簡単な食事やゲーム、フリートークなどが盛り込まれていて、最後に気になる人同士は連絡先を交換して交際を始められるというもの。

婚活パーティーのメリットは相手の条件を見極めやすいことや、真剣に恋愛がしたいという人達が来ているのでその分良い人を見つけやすいという事。

また、パーティーによっては年収制限、年齢制限等のかかったパーティーもあるため上手くいけば自分の求めている好条件の相手と結ばれる可能性が十分にあるのでオススメです。

デメリットとしては中途半端な気持ちで参加すると少し周りとの温度差感じてしんどいかな…ってところです(笑)

手軽に誰でも簡単に…出会い系アプリ

近年利用者が激増している出会いの形が出会い系アプリです。

ここではじめに注意しておきたい事は、無料の出会い系アプリは全くオススメできないという事。

完全無料の出会い系アプリだと体の関係を求めて登録している人や、遊び感覚で登録している人が大半になるので、出会える人も無料のアプリクオリティです。

ですが、有料の会員制の出会い系になるとオススメです。

現在でもイククルなどをはじめとするアプリには多くの人が登録し、手軽に出会いを探し続けています。

なんといっても有料出会い系アプリのメリットは無料の出会い系アプリや掲示板と比べてや安全性利便性が高いこと。

出会い系アプリでは相手の素性を確認することはできないので、有料会員登録をする事によって本気で出会いを求めている人と出会う事ができます。

また、暇潰しに仕事の休憩時間などで眺められるので、仕事やプライベートで忙しいという方にもオススメ。

有料の出会い系アプリが一番手軽で気軽に出会いを求められるので、僕個人的には一番オススメの方法です。

マッチングアプリについてもっと知りたい方は

マッチングアプリについてもっと知りたい!という人にぜひともご紹介したいのは、プロがオススメのマッチングアプリを紹介しているサイト「マッチビー」

こちらは様々なマッチングアプリをプロの観点から徹底的に調査してランキングとされていたり、年代や目的別にオススメのマッチングアプリを紹介してくれる超便利なサイトです!

マッチングアプリについてあまりわからないという人や、自分に合ったマッチングアプリがいまいちわからないという人であれば必見です!!

出会いたいなら行動あるのみ!

正直に言うと好きな人ができないのなら行動するしかありません。

もし何も努力も行動もせずに好きな人ができないと言っているのであればそれは「できない」のではなく自分が「作ろうとしていない」だけです。

本気で努力してみたり、環境を変えようと行動に移してみると案外簡単に良い人に巡り会えるかもしれません。

まずは行動に移してみましょう!

あなたという一人の魅力的な人がこの記事を通して運命的な人と巡り会える事を心から願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました