恋愛で失敗したくない人必見!!恋人に依存しないために大事なこと。

恋愛

皆さんこんにちは、めこちゃんです。

恋愛において失敗しないために大事なことを皆さんは知っていますか?
回りくどいのは面倒臭いので単刀直入に言ってしまうと、自立することです。

今回は恋愛において、人生において失敗しないために、自立について一緒に見ていきましょう。

恋愛で自立するとは?

まずはじめに恋愛において自立することがどういうことかを簡単に説明すると、依存しないということでもあります。

恋愛というのは自分にとって掛け替えのない存在である恋人を心から愛して尊重することを意味するのですが、相手への愛が大きくなってしまうと自分勝手な恋愛をしてしまったり、二人の関係において「寂しさ」や「虚しさ」を感じるようになり、大きなストレスになってしまいます。

そして依存度合いが増していくことによって恋人に対して束縛をしてしまったり、何かと負担をかけてしまい、関係が悪化してしまったり。

恋愛において相手を尊重する姿勢は大事ですが、かといって微妙な距離感を保てばいいというわけではありません。
大きな愛がある中で、相手を尊重できるだけの余裕と自分という人間を一定に保つための軸をもつこと、それが自立なのでしょう。

《依存していると…》

恋愛において自立ができておらず、恋人に依存してしまったいる人はどういった状況に陥ってしまうのでしょうか?
自分が依存体質かも!?と思う人もまずはここを見て自分が依存体質なのかどうかを知りましょう

《依存していると…》負の感情が倍増する

依存している人というのは普通の人と比べて「虚しさ」や「寂しさ」や「不安」といった負の感情が倍増して襲ってくるもの。

恋人のことを好きでいればいるほど得られる楽しさや喜びや愛情は大きいのですが、その分負の感情も敏感に感じますし、重く受け止めてしまうのです。

そうなってしまうと些細なことでも精神的に苦しくなってしまったり、自分が愛されていないのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。

こういった感情をうまく埋めてくれる恋人であれば良いのですが、あまり気づいてくれなかったり雑に扱われてしまうと少しずつ病んでいってメンヘラ化してしまうのです。

《依存していると…》善悪の判断がつかなくなる

依存している人が陥りやすいのが、物事の善悪がわからなくなってしまうという状況。

「この人のたまに見せる優しさが大好きなの」
「でも好きって言ってくれるから…」

今の恋愛を振り返った時にこんな言葉を言ってしまいがちではありませんか?

ふと冷静に考えてみればたまに優しい人よりもいつも優しい人のほうが絶対良い人なのに、自分は愛されていないと気づけるはずなのに。
依存している人というのはそんな当たり前のことですらわからなくなってしまいます。

また、相手を依存させる人の中には意図的に相手を依存させるようなクズな人間もいます。
言葉たくみに相手のことを操って、自分の都合の良いように扱う。

残念ながら依存してしまっている人というのはこういった状況にすら気付けないのです。

《依存していると…》失恋後に何も残らない

依存体質の人というのは何かと自分の周りの関係を遮断しがち。

「異性との絡みは相手に嫌な思いをさせてしまうから」「恋人さえいれば友達なんていらない」なんて思って自ら関係を絶って恋人にのみ依存してしまう人というのは、もし恋人を失ってしまった時に何も残らないのです。

もちろん自分から関係を絶った人と都合よくまた仲良くできるわけもありませんし、自分が人間関係を疎かにしてしまうことで気付かぬうちに孤立していってしまうのです。

私自身も彼女に心配をかけないために人間関係を自ら絶ったことで友達が減ってしまったことに関してはかなり後悔をしていますし、恋愛がうまくいっていてもやはり申し訳ニアという罪悪感に襲われることもあります。

やはり結局は恋人以外の人間関係を大事にできない恋愛というのはあまりよくなく、言い方を変えれば恋愛をするのであれば恋人として相手の人間関係をしっかりと尊重してあげることはかなり大事になってくるのです。

《依存していると…》恋人を大事にできない

依存している人は恋人のことを大好きでたくさん愛情を与えているから良いだろうと思っているかもしれませんが、もしかするとその愛はただの自分の自己満足なのかもしれません。

相手を愛する気持ちというのはかなり大事なことですし、無理に押さえる必要はありません。
ですが、その気持ちの伝え方というのは非常に大事になってきます。

相手はどういった人でどのようなコミュニケーションを好むのか、一番尊重してあげるべきことは何なのか、本当に相手を心から愛せている人というのはそういった相手の立場になって上手に愛することができるのですが、残念ながら依存している人というのは視野が狭く、自分の立場でしか相手を愛することができていないことが多いのです。

毎日電話したり、束縛をしたり、毎日デートしたり、確かに愛があるのはわかりますが果たしてそれは相手は嬉しいのでしょうか?
結果的に大事にできていないということはないのでしょうか?

依存している人というのはこういったことを終わりが間近に来たギリギリの状況でしか気付けないのです。

《依存していると…》自分を大事にできない

依存している人というのは基本的にやはり愛したい!という気持ちよりも「もっと愛されたい!!」という気持ちが強かったりするもの。

そんな人は自分という人間を大事にすることを疎かにしてしまうので、少し傷ついたり何か不安を感じるたびにその穴を埋めることに必死になってしまい、目の前のことしか見えなくなってしまうのです。

そして気付かぬうちに精神的にも肉体的にもボロボロになってしまって、気付いた時にはもう遅いという悲しいパターンも少なくありません。
依存体質の人というのは最終的にメンヘラになってしまう人も多く、依存に気付かず正しい愛し方、愛され方をしなかった人というのはただ愛に飢え、自分を犠牲にしては傷つくだけの悲しい人間へとなってしまうのです。

そして悲しいことにそんな人が元に戻れる可能性はほぼほぼないとも言えるのです。

《恋愛において自立するメリット》

それでは恋愛において自立するメリットは何なのか、一緒に見ていきましょう。

《恋愛において自立するメリット》精神的な負担が減らせる

残念ながら現実的なことを行ってしまえば恋人だろうと友人だろうと、一人の人間の力によって誰かのすべての欲求を満たすことは不可能。
ですが、依存してしまったり、恋人に対する思いやりの心がかけている人はそんな元々無理なことを信じて、自分の全てを完璧に満たしてほしいと期待してしまうのです。

ですが残念ながらそうやって相手に全てを求めてしまうと関係が崩れてしまう可能性が高いでしょう。重すぎる愛を自分にひたすらに注ぎ込まれることもなかなかたいへんですが、それに加えて日頃のストレスの愚痴などを自分にばかり言われてしまうと精神的にもなかなかきついもの。

いつしかそんな負担が原因で愛想をつかされてしまうかもしれません。
そうならないためにも、しっかりと友達を作ることで自立することが大事になってきます。

もし恋人以外にも信頼できて自分をさらけ出せる友達ができたのであれば、恋人への負担が軽減されるだけでなく、また違った客観的な意見も取り入れることができるはず。

それに友達には言えるけど恋人には言えない話だって、たくさんありますよね。
そんな話を友達にできるだけでも恋人だけでなくあなた自身の負担も減らすことができるのでおすすめです。

《恋愛において自立するメリット》マンネリが防げる

恋人とのデートは楽しいものですし、人生において最も好きな時間かもしれません。

ですがたまには自分の友人との時間も大切にして会うようにしましょう。
とある精神科医はこう言います。「恋愛関係の外に友人を持つことはお互いに新しい経験をして、興味や物の見方を広げ、パートナーとの関係をより豊かにするものです。そして放っておくと冷めてしまう情熱を燃やし続けることにもつながります。」と。

やはり恋愛で恋人に対して前のめりになって依存するのも多少は良いかもしれませんが、多少は友達などの存在を大事にしておかないと自分の視野は狭くなってしまいますし、同じ人と長い間過ごしていても新しい何かを吸収することはあまりできませんし、何より変化のない日常を共にし続けることは関係のマンネリ化をもたらしてしまうのです。

一度関係がマンネリ化してしまうだけでも一気に愛は冷めてしまうものですし、そこから関係を修復するのはかなり難しいものでもあります。

結婚してから関係がマンネリ化するのも、専業主婦がパートナー以外との関わり合いが激減する中で、代わり映えのない日常を過ごしていることが原因だったりするのです。

そうならないためにも友人やその他周りの人との関係をしっかりともつようにしましょう

《恋愛において自立するメリット》2人の話題も豊かになる

それぞれが真剣に、何かを頑張っていればその分話題も多くなりますし、お互いが頑張っているという環境はお互いで支え合っているという実感を与えてくれたりもするのでおすすめです。

また、何かに真剣に取り組むことで恋人に依存せずに恋愛においても依存することができますし、意識しなくとも無意識のうちに良い距離感が保てるようになるのです。

恋愛だけにも限らないのですが、何か切磋琢磨できる関係というのは心理学的観点から見ても相手に心が開きやすくなったり、相手をリスペクトさせてくれます。

つまり恋愛において二人ともが何かに真剣に取り組む姿勢というのは二人の信頼関係を強くさせたり円満な関係を保たせるための潤滑油だとも言えるでしょう。

《恋愛において自立するメリット》自分が安定する

ある研究によると、自己複雑性(愛情、友情、家族、仕事、趣味など、生きていく中で多くの社会的アイデンティティがあること)が、鬱やストレスの症状を和らげると言われています。
逆に言うと、二人が依存しあっていて他に何か自分が没頭するものがない人というのは、恋人と少し言い合いをするだけでも精神的に大きなダメージを受けてしまったり、恋人に何かひどい一言を言われるだけでも死にたくなるほど落ち込んでしまうような人もいるのです。

私は恋愛においてお互いが依存していても幸せであるのなら問題はないと思いますし、むしろ他のカップルよりも幸福感を感じることができると考えていますが、不幸な状況に陥った時のダメージは普通のカップルたちと比べても計り知れないレベルだと思います。

そうならないためにも恋人に対する愛情だけでなくその他の友情、家族、仕事、趣味もしっかりと大事にし、言い方はあまり良くないかもしれませんが、恋人からの逃げ道を作ってあげるようにしましょう。

《恋愛において自立するメリット》失恋後にすぐ立ち直れる

恋愛というのは理不尽なもので、より愛したほうが傷ついてしまうもの。

私に恋愛相談をしてくれる人の多くも、恋人に依存してしまっていた人というのはかなり多いです。

ここまで読んでいただいてなんとなくわかると思いますが、依存してしまうと自分という人間を大事にすることを疎かにしてしまうので、少し傷ついたり何か不安を感じるたびにその穴を埋めることに必死になってしまい、目の前のことしか見えなくなってしまうのです。

そして依存している(自立できていない)人というのは失恋した瞬間に自分が恋人に全てを捧げていた分心に大きな穴があいてしまって立ち直れなくなってしまうのです。

社会的にも心理学的にも女性で自立している人は少なく、男性が恋愛において立ち直りが早いことに比べて女性が立ち直るのが遅いのにはこういったことが関係していたりするのです。

ですが、そんな人も恋愛において自立して自分の中で恋愛に線引きができると依存せずに済みますし、また失恋後に心に大きな傷を負うこともなくなるでしょう。

《自立するために…》

では実際に恋愛においてしっかりと自立していくために大事なことは何なのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

《自立するために…》何かに真剣に取り組む

依存してしまう原因として、シンプルに自分が没頭できるものがそれしかないからという場合もあります。

その場合には一番自分と密に関わって、詩文の人生の中での大きな要素である恋人に依存しないほうがおかしいのかもしれません。

そんな状態から、そして恋人から依存するためには何かに真剣に取り組むようにしてみましょう。
一番身近なものであれば仕事もそうですし、学生であれば勉強も良いでしょう。

その他にも資格の勉強であったり、何か自分が興味を持ったことに対して真剣に取り組むのも良いかもしれませんね。

そして何かに真剣に取り組んでいるうちに恋人から自立できるだけでなく、自分の視野も広がっていくことでしょう

《自立するために…》趣味を持つ

恋愛において自立をするために何かに真剣に取り組むことに対してエネルギーを使うのがしんどいという人は何か趣味を持つようにしてみましょう。

趣味を持つという方法はもっとも楽で手っ取り早い方法であるのでかなりオススメです。

趣味のジャンルも特に問いません、化粧品を集めたりお気に入りのスニーカーを集めるのも良いですし、カフェ巡りや映画鑑賞などをするのも良いかもしれませんね。

ただ一つ、せっかくの趣味なので強引に趣味にしようとしたりする必要はありません。
もしも飽き性であるならいろいろなもを趣味にしてみるのも良いですし、多くのものに触れれば触れるほど自分の視野が広がって良いかもしれません。

《自立するために…》自分の恋愛観を磨く

もしかするとこれが恋愛において自立するためにもっとも大事なことかもしれません。

恋愛において相手に依存してしまう人というのは他人に流されやすい性格であり、言い方を変えれば相手に影響されやすく、自分の価値観や軸を持てていない人だと言えます。

そういった人は自分がもっとも関わっている恋人を尊敬したり、特別視する傾向があるので、恋人の言うことに影響されてそのまま依存してしまうというパターンをよく見かけます。

そんな状況から自立するためには自分の恋愛観を磨くようにしましょう。
自分にとっての「恋愛とは何なのか」「付き合うとはどういうことなのか」なんとなく適当に考えていたことを改めて考え直してみることで、自分の恋愛に対する姿勢が改められるだけでなく、恋人と自分の恋愛における差に気づくことができます。

そうやって恋愛観を磨くことで二人の関係を冷静に見られるようにし、依存せずにしっかりと自分自信を尊重した恋愛をできるようにしましょう。

《自立するために…》人間関係を大事にする

先ほどもお伝えしましたが、恋人だけに依存して人間関係を絶ってしまうのはよくありません。

なのでそうならないためにもしっかりと人間関係を大事にするようにしましょう。

友達や関わる人が多い人であれば、しっかりと関わり方を考えながらも関係を維持するように心がけるようにしましょう。
また、友達や関わる人が少ない人というのは友達が多い人に比べて簡単に人間関係を絶ってしまいがちなのですが、それは絶対によくありません。

少ないからこそしっかりと大事にしてあげるように心がけましょう。

決して毎週会ったり頻繁に連絡を取り合う必要はありませんが、あなたの日常の中で恋人以外の人間の子がしっかりと浮かぶくらいの付き合い方はしましょう。

「そろそろ◯◯の誕生日は近かったな」とかそういったことでも構いません、しっかりと自分の日常の中で大事な存在を恋人以外にも作ってあげることで、恋人から自立できるように心がけてみてください。

《自立するために…相手が束縛気質なのかを知る

とある精神科医によると、付き合って早いうちからある程度は「時には別々に行動したい」ということをはっきり表明するといいそうです。
なぜなら、そのときの反応によって、パートナーが束縛気質であるのかどうかがすぐわかるから。

付き合って数ヶ月や数年の恋人からいきなりそんな言葉を告げられてしまうと驚いてしまいますし、少しショックを受けてしまう人もいるかもしれませんが、付き合いたてであれば大半の人がそのまま「自分の時間もしっかり欲しいんだな」と考えられるはず。
もしもパートナーに失恋の経験があったり、いつもかまってほしいかまちょタイプだったり、常に愛情を確認したいメンヘラタイプだと、毎日プレッシャーになることもありますよね。

それを知るためにも恋人ができると割と早い段階で伝えてみるのは恋人の束縛度合いを知るためにも良い方法になります。

恋愛相手が自分の時間を持って、自分とは離れて独立した生活を維持することイコール自分を嫌いだと考えてしまうタイプの人もいるのが現実。
そういった少しめんどくさいタイプの人であれば早めに見極めておくのは大切なことです。

その他にも自分の時間を設けることは依存を避けることもできます。
あなたと恋人の中で恋愛がすべてになってしまうと、相手に依存してしまいがちで良い関係とはいえなくなってしまうかもしれません。
自分、そして恋人がしっかり一人の人として自立していることが、恋愛関係においても大事なことなのです。

そのためにまずは相手の恋愛傾向を知ってみましょう。

背伸びしないで自分らしく

きっと今回のこの記事を読んでくれたり、この記事を見つけてくれた人はきっと「自分を変えたい」と思っている人なのでしょう。

そんな人はきっと変わるために一生懸命なのでしょう。

ですが、そんなあなたに知っておいて欲しいのは、しっかりとありのままの自分も受け入れてあげて欲しいということ。
今すぐ変わりたいという気持ちもわかりますが、自分自身という人間を理解し、大事にしてあげることは恋愛に限らず生きていく中でも大事なこと。

変わろう変わろうと必死にもがくのではなく、背伸びをせずに自分らしくいることもまた恋愛において忘れてはならないことなのです。

少しずつ、ゆっくりと自立していけるようにまずは自分という人間を知り、土台を固めていくことを意識してみてはいかがでしょうか?

最後に

いかがでしたでしょうか?

恋愛において大事なことは自分が幸せでいること。
そのために大事なことが恋愛において、人生において自立をしていくことです。

決して無理をする必要はありませんが、この記事を通してあなたが自立するきっかけを掴んでいただければいいなと思います。

それから最後によろしければぜひこちらすぐ下の私めこちゃんのTwitterとInstagramのアカウントのフォローもお願いします!!

Twitter

Instagram

Instagram

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました