セックスレスの原因は!?対策法は!?いつまでも愛し合える関係でいる為に…

恋愛

セックスレスって辛いですよね。

昔はお互いに求めあって、こんな日が来るなんて想像もしていなかったはず。

セックスレスに自分がいざ直面してしまうと想像以上の寂しさを感じてしまうはずということで今回は、そんなセックスレスの原因と、セックスレスになりそうな傾向にあるカップルがそうならない為にできる対策方法について一緒に見ていきましょう。

そもそもセックスレスとは?

日本性科学会によれば、「病気など特別な事情がないのに、1ヶ月以上性交渉がないカップル」と定義されており、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」を総じて「セックスレス」と呼ぶのが一般的な解釈であるとされているそう。
セックスレスはレスされたと感じた側の浮気や不倫による関係の崩壊、離婚願望につながることが多いとされているとのこと。

なんだか定義として考えると難しく感じてしまうのですが、簡単に言うと「当たり前にセックスをしていたのに一ヶ月以上セックスをしていない」そんな状況のことをセックスレスと呼ぶのでしょう。

それでは次に、そんなセックスレスの原因を一緒に見ていきましょう。

《セックスレスの原因》

それではそんなセックスレスになってしまう原因は何なのか。

その原因に早速迫っていきましょう。

《セックスレスの原因》飽きたから

セックスレスの原因の一つが飽きるということです。

セックスをする動機のひとつに好奇心があります。好きな人の裸が見てみたいとか、この人と性的な行為がしたいとか、この人ともっと深く繋がってみたいとか。そういった動機があるからセックスをしたいと考えるのです。

そして、付き合いたてカップルのセックス頻度が多いのは、そういった好奇心が旺盛であるから。

ですが、回数を重ねていくと恋人の裸だって見慣れてきますし、セックスも当たり前になるし、相手の反応も予想がつくようになります。
そうなってくると当然ながらそこに新鮮さはなく、昔のような刺激を感じなくなるから好奇心も落ち着いていき、そこからは無くなっていくのです。

飽きると聞くとなんだか飽きた方が一方的に悪いと感じてしまうかもしれませんが、全面的に悪いとあ言い切れない部分はあります。
確かに辛いかもしれませんが自分の魅力が無くなったことも事実ですし、求めたいと思わなくなったということも事実。
そういった理由で飽きてしまったのかもしれません。

《セックスレスの原因》関係の変化

付き合う時間が積み重なると、関係というものは変わってきます。
最初は相手を求める強い気持ち、いつかこの関係が終わってしまうのではないかという不安。
そういった感情がお互いの性欲を掻き立てていたのかもしれません。

ですが、お互い長い間一緒にいるとそういった感情はいつしか安心感へと変わっていくのです。

セックスをすることで相手の全てを手に入れていたような支配感、独占感を感じていた二人の関係が、気づいた時にはそばにいるだけで感じられるような関係になったのかもしれません。

そして、セックスをしなくても2人の関係が揺るがないと安心できる状態は二人の信頼関係や愛が確かなものになったのでしょう。

昔はお互いに体力や気力を使って愛を確かめあっていたけれど、そんなことをしなくても確かな愛はあるとお互いが思えたのであればセックスをする必要がなくなってしまうのかもしれません。

ただ、私個人的な意見としてはそうやって安心できる関係になったとしても相手を求めることも愛なのではないかと考えています。

《セックスレスの原因》時間や体力がない

本当はセックスがしたいけど仕事などに追われていて時間がない、仕事で疲れていてセックスをする余裕がない。

そんな場合にはセックスレスになってしまうのかもしれません。

仕事に追われてしまって時間がないのであれば見てわかるので仕方がないと納得できる鴨居sれませんが、疲れているという理由であれば、女性であれば疲れていようが何だろうが求めてくれない男性に不満を感じてしまうかもしれません。

さらに仕事に重きを置く男性などだと、仕事で遅くなって帰った後にセックスをしてしまうと明日の仕事に多少なりとも影響が出てしまうと考えて避けてしまう人もいるとか。

ですが、それは結局のところ仕事>セックスという意味であり、求められない側からするとそれを実感してしまって辛いだけですよね。

そして、シンプルに体力が衰えてしまったり、仕事などで疲れてしまって本当に体力的に厳しいという場合もあります。
その場合には仕方がない部分ですが、休日などにも避けられてしまったり、長期休暇でも求められなくなった場合にはセックスレスになってしまっているのかもしれません。

《セックスレスの原因》愛が無くなったから

セックスレスの原因としては、愛がなくなったいうことも大きな理由でもあり、セックスレスになってしまった場合に最も悩んでしまう理由でもあるかもしれません。

昔は仲良く一緒にいたり、セックスも当たり前だったのに今では喧嘩ばかりだし、なんだか愛を感じられなくなってしまっている。
そんな予感が事実なのであればセックスレスになってしまっても仕方がないのでしょう。

また、女性の多くが男性がだんだん年をとっていくことで「汚い」と感じるようになったり、「抱かれたくない」そう思ってしまうことでセックスを避けてしまうのかもしれません。

よっぽど眼に余るほどに変化してしまったのであればそう思ってしまうことも仕方ないのかもしれませんが、そんな理由も結局は愛がないだけだと言えるでしょう。

《セックスレスの原因》意地の張り合い

意外とセックスレスの原因として多いのは意地の張り合い。
例えばある日の夜どちらがセックスを誘った時につれない態度で断られてしまったら、同じようにまたセックスを誘おうとはなかなか思わないはず。

そして、そんな事を察した相手もなんだか自分からセックスを誘いづらくなってしまって、気づいたら意地に張り合いになってセックスレスになってしまっていた。

というパターンは珍しくありません。

シャイな人や、プライドの高い人だと一回のセックスを誘うのにもそれなりに覚悟をしていたりするので、そんな気持ちを無下に扱われてしまうと嫌な気持ちにならないわけがないですよね。

そうやってセックスをしない期間が長くなれば長くなるほど、セックスをする機会というのは減っていき、その他の理由も相まって完全にセックスレスになってしまうのです。

《セックスレスの原因》好きだけど抱きたいと思わない

心の底から愛しているんだけど、セックスをしたいとは思わない。

そんな人もいます。

方のない事かもしれませんが、年とともに少しずつ劣化していく姿を見た時に昔のように燃え上がるような気持ちはなくなってしまい、抱きたいという感情がなくなってしまうとセックスレスになってしまうでしょう。

どれだけ好きだったとしても、そこにある程度の性欲がないとセックスは成り立たないわけで、性欲が駆り立てられないような関係になってしまったのであれば、セックスレスになってしまうでしょう。

ただ、こういった場合にはきっと愛はあるのでしっかりと大事にしてくれてはいるので、その分歯がゆさや辛さを感じてしまうのかもしれません。

《セックスレスの原因》EDだから

本当はセックスがしたいと思っていながらも、できないという場合もあります。

EDは「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。専門的には「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」とされています。つまり、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、いずれもED(勃起不全)となると言われています。

特に男性は仕事などによって多くのストレスなどを抱えてしまっていることによって、ある日突然EDになってしまうという人も少なくないのです。

性欲はあるのに勃起はしない、挿入すると柔らかくなってしまう、いつも勃たないわかではない、こういった場合にはそれがさらにプレッシャーになってしまって症状が悪化してしまうこともあります。

また、男性はやはりプライドがあるのでEDになってしまったことを彼女や妻になかなか言い出すことができない人の方が多いという統計も出ているそうです。
そして、EDであることを隠す為に違った言い訳をしてしまったりもするので、それがきっかけでセックスレスになってしまうのでしょう。

セックスレスにならないために…

セックスレスになってしかうとカップル、夫婦間の関係も少しずつ変わってしまうのかもしれません。

そうならないために、セックスレスを未然に防ぐ方法をお伝えしていこうと思います。

意地を張らない

セックスレスの大きな原因となる意地の張り合い。
これをお互いになくせるようにすれば、セックスレスになる可能性をかなり抑える事ができます。

というのも、やはりセックスレスのきっかけはいろいろとあったとしても、途中で意地の張り合いをしてしまうという事が大きな原因になってしまいがちだからです。

二人の恋愛においてもそうなのですが、やはり意地の張り合いというのは何も良い事はありません。

意地を張られてしまうと自分を大事にされているという実感も半減してしまいますし、そんな相手に自分から歩み寄ろうとはなかなか思えないのです。

そうならないためにもしっかりと意地を張らずにお互いを尊重する事が大事になってくるのかもしれません。

断らない

シンプルに相手に誘われたら断らない。

これもセックスレスにならないためには非常に大事な事。

断られた事でプライドを大きく傷つけられたり、意地を張ってしまったりしてしまう事でセックスレスが始まってしまうのであれば断らなければ良いのです。

しっかりと相手の意思や気持ちを尊重してあげて、少し乗り気じゃなかったとしてもしっかりとその雰囲気に持っていってセックスをする。
少ししんどい気もしますが、そうやってお互いを尊重し合う中でいつしかお互いが求め合わなくなった時が、お互いがセックスレスを感じずに自然にセックスをしなくなる一番綺麗な終わり方なのでしょうか。

ただ、やはり全て断らないという事は厳しいので、ここで紹介しているその他の方法も参考にしてみるとさらに良いかもしれません。

しっかりと理由を説明する

セックスを誘われた時に「今日はいいや」の一言だけだといろいろな事を考えてしまうはず。
何か嫌われてしまうような事をしてしまったのかな?愛されていないのかな?そんな事を感じさせてしまったり、プライドを傷つけてしまったりしない為には断る際にしっかりとその理由を正直に話してあげる事が大事だと言われています。

「今日は仕事ですごい疲れたから」
「なんだか体調が優れないから」

そういった理由をしっかりと説明してあげましょう。
理由を知るだけでもきっと全然違うはず。

ただ、同じような理由で断り続けていたらなんだか嘘をつかれている気もしてしまいますし、そう感じられてしまうとセックスレスになるだけでなくお互いの関係も崩れてしまう恐れがあるので注意してください。

埋め合わせをする

最初は理由を言ってくれたらなんとか納得する事ができていたけど、何回も同じような理由で断られている気もするし、結局は先延ばしになっていってるだけで不安だと感じてしまう人もいます。

そうやって不安を感じさせない為にも、しっかりと埋め合わせをしてあげる事が大事になってきます。

今日は自分のせいで断ってしまったのであれば「明日はしようね」と誘ってあげたり、明日もできる確証がない場合には「次はこっちから誘うから待ってて」って一言声を呆気てあげたり。

それだけで全く違いますし、そこまでしっかりとしていて不満に感じる事はほbpないはずなので、セックスレスにもなることはないでしょう。

自分を磨く

魅力が感じられなくなってしまったというのであれば、自分をしっかりと磨いていく事が大事になってくるのかもしれません。

やはりいつまでもセックスをしているようなラブラブな二人というのはいくつになっても、相手に恥ずかしさやドキドキ感を感じていたり、相手にもっと愛されたいと思って自分を磨いて痛いと感じるわけです。

それって恋愛において、結婚後の二人の関係において非常に大事な事になってきますし、それをいるまでも続けられる事はとても素敵な事だと思います。

また、本当に愛してくれている人であれば、好きな人のそういった努力を無下に扱う事は絶対にないので、いつまでもお互いを求め合える素敵な関係になれるかもしれません。

清潔感を保つ

やはり長い間二人一緒にいると、汚いところもしっかりと見せ合っているので何かと自分の事をどう見られているのかという事を適当に考えがち。

男性であれば髭を剃らなくなったり、女性であれば体毛の処理を全くしなくなったり。
別にそれが悪い事だとは全く思いませんが、そういった今までしてきた事をおろそかにするという事がセックスレスの原因になる事は否めません。

そうならない為にも、付き合う前から続けてきた事、結婚してからも初めは続けてきた事、そういった事をしっかりと続ける事が非常に大事になってくるのかもしれません。

二人の時間を大切に

仕事が忙しくなって…
そんな理由でセックスを拒んでしまう事は仕方ない事なのかもしれませんが、根本的に何の為に、誰の為に一生懸命仕事をしているのかを忘れてはいけません。

セックスレスにならない為にも、二人の関係を良好いに保つ為にも、しっかりと二人の時間を大切にする事が大事になってきます。

どれだけ仕事が忙しくても休日には愛し合う時間を忘れないようにしたり、お互いの愛を確かめ合う時間を作ったり。

そういった積み重ねがセックスレスを防ぐには大事な事だったりするのです。

また、子供が産まれてからセックスの機械や愛し合う機械が減ってくる事もあるのですが、それでもしっかりと愛し合う時間を二人で作ろうとしたりする姿勢もまた大事になってくるのかもしれませんね。

習慣化する

セックスはしたいと思った瞬間にしかしない!それもまた雰囲気があって良いセックスができるので良いのかもしれませんが、実はセックスを習慣的に行う事も大事なのです。

違う言い方をすればルーティン化するようなものなのですが、例えば仕事終わりの金曜日には一緒におふろにはいってそのままセックスに持ち込んでみるとか。

そんな事を続けていくうちにそれが習慣化されていき、最初は片方から誘っていてのに相手から誘ってくるようになったり、気づけば二人が必ずセックスをする時間が生まれているのです。

なんだか面白みがないと感じてしまう人もいるのかもしれませんが、こういった習慣化という事はその他の事でも恋愛においては大事な事であり、しっかりとおやすみの電話をする事、デート終わりには必ずキスをすること。

こういった何気ない習慣化された愛が、一緒にいる時間が長くなって変化していく環境や関係の中で大きな意味を持ってくれるのです。

なんでも言える関係でいること

男性も女性もお互い体に関する悩みというのはたくさんあるはず。
ですが、それを性別の違う二人が理解し合うことというのはなかなか難しいもの。

そうすると素直に自分の気持ちを相手に伝えられず、それがきっかけでトラブルを巻き起こしてしまってセックスレスになってしまうという可能性も十分にあるのです。

ラブラブだった頃は「なにかあったらなんでも言ってね。」なんて言ってお互いいろいろなことを共有できていたのかもしれませんが、やはり一緒にいる時間が長くなってくると気づかないうちに意地を張ってしまったりプライドが邪魔するようになってしまって、なかなか言いたいことが言い合えない関係になってしまっているのかもしれません。

そうならない為には、やはりお互いになんでも伝え合えるような関係を維持することがかなり大事になってきます。

日頃から小さなことでもしっかりと伝え合ったり、相手が言ってくれたことに対しては広い心で受け入れてあげること。

そうして姿勢でお互いがいることで、何か精神的、身体的な理由でセックスができなくなってしまっても理解してくれるはず。

そうすればたとえセックスはできなくとも、セックスレスだと感じることはないでしょう。

セックスレスは仕方なくない

よくセックスレスになると「お互いに年をとったから」「体力がなくなってきたから」「機会がなくなってきたから」仕方ないといった言い訳をする人がいますが、それは完全に自分の立場からの意見でしかありません。

もしかすると相手は全く違った事を考えているのかもしれませんし、本当はセックスをしたいのかもしれません。

それなのになんらかの理由をつけてそれを片付けてしまう事は絶対によくありません。

セックスレスというのは、どちらかがセックスをしたいと思っているのにできていない時点で、どんな言い訳をしたとしてもセックスレスでしかないのです

年齢も体力も機会も、セックスをできない理由の一つでしかなく、結局はその人が相手を尊重する事よりも自分を尊重する事を選んだからセックスレスになるという事に気付くべきなのです。

なので、本当に愛し合っている二人というのは絶対にセックスレスになる事はありませんし、もしもセックスをしなくなったとしても、そこにお互い全く不満はなく、それ以外に愛し合う術を知っているのでしょう。

なので、愛されたいと思う側もセックスレスという言葉で全てを片付けてしまうのではなく、しっかりと二人の関係の変化に気づいて向き合う事も大事になってくるのかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか?

セックスレスになってしまうと二人の関係は、間違いなく良い方向に進みません。

日々一緒にいる中で常に一つの不満を抱えたまま過ごすことになり、いつしかその不満が爆発してしまって関係が崩れることだって十分にあり得るのです。

そうならない為にもしっかりとセックスレスにならないために大事なことを知り、いつまでも愛し合えるような関係で入れるよう努力していきましょう。

それから最後によろしければぜひこちらすぐ下の私めこちゃんのTwitterとInstagramのアカウントのフォローもお願いします!!

Twitter

Instagram

Instagram

今回も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました