あなたが結婚すべき相手ってどんな人!?失敗しない結婚をする為に…

恋愛

交際中の相手がいない方はどんな人を恋人に選んだらいいのか。

交際中の恋人がいる人の中には、「結婚相手は、この人で良いのだろうか?」「この人と結婚して、後悔しないだろうか?」と悩んでいる人がいます。
そして、結婚を考えながらも、なかなか踏み出せずにいる人もいるでしょう。
では、結婚後に後悔しないために、結婚すべき相手かどうかを見極める方法をご紹介しましょう。

《男性から見た結婚すべき相手》

彼女にするなら、容姿やスタイルの良さなどの見た目から入る男性が多いものの、結婚相手となると話は変わりますよね。

今付き合っている彼女は可愛くて好みのタイプだけど、結婚となるとちょっとなんだか違う気がする。
恋愛にはスリルを求めるけど結婚相手となると、落ち着いた雰囲気の女性がいいな。

という男性は少なくないのでは?
理想の家庭を築くためには、結婚すべき相手をきちんと見極めることが大切です。

男性からみた結婚すべき相手とはどんな相手なのか、早速見ていきましょう。

《男性から見た結婚すべき相手》ある程度家事ができる

家庭のことをむりなくこなすことができる女性も、男性の結婚すべき相手といえるでしょう
今は共働きが増えたので、家事を分担している夫婦も少なくありませんが、それでも現実は女性のほうが家事負担の割合が大きくなっているのが現実。

決して家事は女性がするもの!と決めるけるのも違う気がしますし、押し付けてしまうのは間違いです。

ですが、最低限の家事ができるということはしっかりと結婚や恋愛に対しての意識が高い女性だとも考えられるので、理想としては求めておくべき点かと思います。

帰宅したときに家の中がきちんと片付いていて、美味しい料理が用意してあると、ホッとして疲れも癒やされるものです。
しかし、家の中はゴチャゴチャ、洗濯物は山積み、コンビニ総菜に頼るような食生活では、帰宅する気分も半減してしまいますよね。

家のことを完璧にこなしてもらう必要はありませんが、むりなくこなせるかどうかということも、結婚すべき相手かどうか判断するポイントになってくると思います。

《男性から見た結婚すべき相手》金銭感覚が似ている

結婚生活は、現実です
やっぱり、お金も生活のあらゆる面で絡んできます。

そういうときに、お互いの金銭感覚にズレがあると、かなりのストレスになります。

金銭感覚というとなんだか男性の方が金遣いが荒らそうと考える方も多いみたいですが、実際のところ逆のパターンの方が多いのかもしれません。

たとえば、節約好きで、お金を貯めるのが苦にならないというタイプの人がいますよね。こういう人が、お金のかかる趣味を持っている女性や、友人との交際費に見境なくお金を使う男性と結婚するとかなりのストレスになります。

女性だと見栄やプライドの為に他の人よりも高級なブランドのカバンやアクセサリーを身につけておかないと気学すまないという人もいます。

そういったどんどんお金を使いたいタイプの女性が、普通の金銭感覚の男性と結婚すると、これもまたストレスの原因になります。

自分がお金に対して、どういう感覚を持っているのかを把握して、それを共有できる相手を探しましょう。

ただし、逆にあなたがお金を使いたいタイプの男性であってもできるだけ賢いお金の使い方をするように心がけましょう。

《男性から見た結婚すべき相手》自分のことをたててくれる。

男性が結婚相手の条件として挙げることのひとつが、自分のことをたててくれる女性。
ちょっとワガママで自己中な女性も可愛らしくて許されるかもしれませんが、結婚相手はやはり夫をたててくれる妻が理想です。

友達や職場の同僚に紹介したときに、夫が恥ずかしい思いをするようなことを発言したり、夫のメンツを台なしにしたりしてしまうような妻だと、人前に出すことも嫌ですし働いたり家庭の為に頑張る気持ちも薄れてしまいますよね。

また、夫としてたててくれるには大人としてのマナーがあることも大切
結婚後は、親戚付き合いも必要になりますし、職場の上司や同僚と妻が顔を合わせるといったことも避けては通れません。

そんなときに大人の女性に必要とされるマナーがなっていない妻だと、自分が恥ずかしい思いをすることでしょう。
どんなに美人でスタイルが良くても、人前に出して恥ずかしい言動をしてしまう女性を結婚相手に選ぶのはオススメできません。

《男性から見た結婚すべき相手》ありのままの自分でいれる

よく、本やネットで「どんな男性が女性にから好まれるか」という特集が組まれていますよね。
その情報を必死で得て、それに合わせようと頑張っている男性がいます。

確かに、付き合うまでであればそれは有効です。「なんとかして自分の好きな人を振り向かせたい」と思ったなら、そういう情報は役に立つかもしれません。

でも、結婚生活を考えていくうえで、そうやって女性の好みに自分を合わせて見栄を張ったりカッコよくいようと無理をして生きていくことは果たしてあなたにとって幸せでしょうか?

人間誰でも生まれ持った性格があります。
それを、取り繕って結婚までたどり着いたとしてもそのあとに残っているのはめんどくさくてしんどい毎日です。

結婚生活というのは、結局のところはただの日常です。
なのでありのままの自分を「おもしろい」とか「カッコイイ」と思ってくれる人と結婚することが大事なのです。

無理をせずに、時にカッコをつけて喜ばそうとして事に対して素直に喜んでくれるような女性が結婚すべき相手なのかもしれません。

《男性から見た結婚すべき相手》仕事への理解がある

男性を出世に導いてくれるような、尽くしてくれる女性は貴重な存在です。
夫の仕事内容をしっかりと知り、仕事があるからこそ生活できる、と理解してくれる女性は結婚してからも上手くいきやすいでしょう。

例えば、子どもが熱を出したからと仕事中に電話で家まで呼び出そうとしたり、仕事ばかりで会えない寂しさから嫌味なメールを送ってしまう女性は男性を疲れさせてしまうだけです。

自分も大変だけど、きっと夫も仕事で大変だろうから…と理解を示してくれる女性と一緒にいると仕事をしていても安心して家を任せられますし、その分しっかりと仕事を頑張る事ができます。

なんでもかんでも自分に都合が悪いことがあるとすぐにダメ出しをせずに、男性の頑張りを受け入れてくれる女性はパートナーとして相応しいといえます。

《女性から見た結婚すべき相手》

あなたの理想の結婚相手はどんな人ですか?カッコよくてスタイルの良い人?それとも経済力のある人?
理想はいろいろあるかもしれませんが、女性が結婚すべき相手に選ぶべきなのはこんな人なんです。

早速一緒に見ていきましょう。

《女性から見た結婚すべき相手》尊敬できる人

付き合って結婚して二人で一緒に過ごしていく中で大事なことは相手を尊敬すること

子供が生まれて、女性が専業主婦になって毎日生活していると「もっと収入稼いでくれたらなぁ」とか「もっと家事手伝ってくれたらなぁ」なんて思ってしまうもの。

家事はお互いにやるべきことですが、収入面に関してはしっかりと家族のことを思って頑張ってくれているので仕方ない点もあります。

ですが、年を重ねていくごとにそういった部分を見下して尊敬できなくなってしまう女性が多いんです。
そうなると夫婦の関係を崩れてきますし、夫への愛情も薄れていってしまいますよね。

そんな悲しい状況にならない為にも、女性はしっかりと年をとっても尊敬できる部分がある男性と付き合うことが大事になってきます。

やはり女性が男性をたてて、男性が女性を大事にしてあげる。
という夫婦の形が一番幸せになれるのでしょう。

《女性から見た結婚すべき相手》信用できる

当然ながら、信頼が欠けてしまっている相手とは関係は長く続かないものです。

今の時代では女性の浮気や不倫も増えてきているのですが、やはり女性と比較しても男性の方が浮気や不倫をしてしまっているのが現実です。

なので会えない時に不安になってしまったり、一緒にいる時ですら彼の一つ一つの行動が気になってデートに集中できない。

そんな男性は結婚すべき相手ではないと言えるでしょう。

例えば本当に信用できていたら、夫が同性の友達と出かけても変に心配したりせず、落ち着いて一人の時間を楽しめるくらいの余裕をもてるはず。

もし何か不安な事や心配な事があっても信頼しているからこそ、相手の言葉をしっかりと聞いて理解しようと思える信用できる男性こそが理想の結婚すべき人と言えるでしょう。

《女性から見た結婚すべき相手》声を荒げたり物にあたって怒らない男性

声を荒げたり物にあたる怒る男性が好き・・・という人は、たぶんいないと思います。

でも、こういうことに無頓着なまま結婚し、結婚相手が声を荒げて怒ったり、物にあたったりする男性と結婚した場合、ひどい場合は暴力をふるわれたりしてしまう女性って結構いるのです。

たとえば、自分の父親がとても穏やかな人で「声を荒げて怒る男性」というものが、この世に存在すると知らないまま結婚する女性もいます。
結婚後、夫が声を荒げて怒ったり物にあたったり見たことのない怒り方ににすごくショックを受けるというケースが、意外と多いのです。

もちろん、中には、こういう男性に対する耐性があり、うまくやっていける人もいます。ただ、心穏やかに暮らしていくためには、やはり穏やかな人と結婚することをオススメしますし、あなたの事を大事にしてくれるのもそういった男性でしょう。

《女性から見た結婚すべき相手》家事を手伝ってくれる人

今ではイクメンなんて言葉もあるくらい男性が家事や育児を手伝ってくれる家庭が増えてきているみたいですが、それでもまだ「女性が家事、子育てをするもの」と勘違いしている男性が多いようです。

家事は家庭のルールによって女性がするもので男性が働くものと決めている家庭もあるのでそれはなんとも言えませんが、子育てに関しては絶対に二人ですべきことなんです。

子供は二人の子供。
ならば二人で子育てをするのが当たり前で、イクメンという言葉があること自体が間違いなんです。

それをしっかりとわかってくれている男性かそうでないかということはとても長い夫婦関係において重要になってきます。

子供が成長して夫が可愛いがっているのを見ても「一番大変な時を経験したのは私なのに…」なんて思ってしまったりすると夫婦関係にも大きな溝ができてしまいます。

そうならない為にも、しっかりと女性は◯◯だ!という変な価値観に捉われずに、あなたのことを一番に尊重してくれる人が良いでしょう。

《女性から見た結婚すべき相手》おばあちゃんになっても愛してくれる

今は若くてキレイで愛してくれていても、年齢を重ねると誰でも見た目が変わってしまうものです。

年を重ねていくと女性は特に自分が年をとっていくことを気にしてしまいますよね。
そんなときに、彼はあなたを変わらずに愛してくれるでしょうか?

もしもそうであれば、その彼は結婚すべき相手といえます。

逆に、若さや見た目の良さばかりを恋人に求める男性には要注意。30代、40代と年齢を重ねたときに、サヨナラされる可能性が高いため、そんな彼との結婚は少し考え直したほうがいいでしょう。

結婚を考えている男性は、老後の2人での暮らしについて話すことがありますか?
あなたの見た目以外の部分をしっかりと愛してくれていることが十分に伝わりますか?

これらの質問に対してちゃんとあなたが肯定できるなら、その男性はおばあちゃんになっても愛してくれる可能性が高いでしょう。

結婚する為にあなたがすべき事

結婚する為には相手に求めてばかりいたらいいというわけではありません。
しっかりと自分自身を見つめ直して、本気で結婚をするという覚悟を持って行動する事が大事になってきます。

それではあなたが理想の相手と結婚する為に必要となってくる事について一緒に見ていきましょう。

自分の人間性を知ること

まずは、本格的な婚活を始める前に自分のことをしっかりと見つめ直してみる事が大切です。

例えば自分の性格で足りないところ、自分のこだわりや条件などを知っておくことで、具体的にどういうパートナーと結婚すれば、理想的な生活ができるかが見えてきます。

また、日常の過ごし方やお金や食べ物に対する価値観など、自分の中でしっかりとした考えを理解しておくと、適したパートナー選びがしやすくなるでしょう。

付き合った後や結婚した後のギャップに苦しんでしまったという人は、結果的に恋人との相性自体が最悪だったというパターンがほとんど。

そういった最悪の事態を避ける為にも、自分の事をまず知った上で相手を選ぶ事が大事でしょう。

恋人の理想像を具体的に決めること

いくら理想的なパートナーが欲しいと思っていても、それがどんな人かイメージが定まっていないとなかなか恋愛というのはうまくいきません。

それに、実はあなたが当たり前に接している人やどうでもいいと思っていた人が実はあなたの理想の相手だったというパターンだってあるんです。

恋愛だけに限りませんが、やはり理想のイメージがはっきりしているほど、自分の求めている結果をつかむ可能性が高くなるものです。

例えば穏やかな性格で笑顔が絶えない人、身長が高くてスタイルの良い人等々、好きなタイプなどを具体的な希望を決めておくのが良いでしょう。

理想は高すぎない方が良い

具体的なパートナー像をイメージしする事も大事ですが、しっかりと現実を見る事ももちろん大事になってきます。

年収1億円のイケメン高身長で優しくて一途で…なんて漫画の世界でしかないレベルですよね。

そんな理想を持っている人がもし、その理想の条件に固執しすぎると、それに合った人がなかなか見つからず、せっかく良い人に出会う機会があっても「なんか違うな」と思って結局は後で手放さなければよかったと嘆いてしまうパターンもよくあります。

そうやってチャンスを逃さない為にも、あまりこだわりすぎずに大事な部分だけをこだわる、といったバランスをとるのがベストなパートナーを見つける為に大事になってくるでしょう。

生活などをイメージする

あなたが気になったその人が本当に自分にふさわしいのかを考える時には、生活などいろいろな場面を想像してみる事が大事になってきます。

恋人や結婚相手として一緒に毎日生活している場面、喧嘩してしまった時にはどのようにして仲直りするか、記念日をお祝いしているシーン、あなたがひどくp地混んでしまっている時など、様々な状況を細かくイメージをするほど、あなたの結婚相手にふさわしいのかがわかるはずです。

そんな妄想なんて…と思ってしまうのではなく、自分の経験や観察力を生かしながら具体的な未来を描くことで、あなたが望む結婚相手像と比較する事ができるはずです。

出会いの場に出向く

しっかりと理想の結婚相手のイメージが固まったら、実際に会うための準備が必要です。本当に会えなくても構わないので、フィーリングで希望するパートナーと出会えそうな場所に向かってみましょう。

本気で結婚を前提とした恋愛を求めている人を探すのであれば結婚相談所や街コンなど。

スポーツが好きなな恋人と出会いたいなら、婚活パーティではなく、スポーツクラブに行ってみるというように、理想の相手によって場所を変えるのが重要です。

また、あくまで恋人を狙うという気持ちで出かけるのではなく、何回か通って会えたらいいな、くらいの余裕がある心持ちの方が上手くいきやすくなります

獲物を狩るような気持ちでパートナーを探しているとあなたの殺気を恐れて近寄ってくる人も少ないかもしれませんので…

簡単に付き合わない

残念ながら、自分の理想に全て合致した相手が現れることは稀でしょう。そのため、少しでも希望に近いところがある異性とチャンスがあるなら、付き合ってしまいたいと思うはず。

ですが、そんな気持ちを抑えてしっかりと相手の事を観察してみるなどして探ってみるようにしましょう。

なぜなら、あなたが今見ているその人はもしかすると偽りの姿かもしれません。
というのも、やはり恋愛では異性に対してよく見られたいと思って猫を被ってしまうもの。

それなのに簡単に付き合ってしまうと、後々後悔するという可能性が高いんです。

もし一緒にいて楽しいと思えるのならその気持ちは大事に持っておいて、しっかりと相手の事を知るようにしてみましょう。

相手の良い部分と悪い部分を見る

注意したいのが、最初から偏った考えで相手を見ないようにすることです。

例えば相手の良いところばかり見ようとすると、悪い部分が普通よりも際立って見えてしまったり、反対に悪い面だけを見てしまうと、なかなか恋愛に発展するという事はありません。

人間はみな完璧ではないので、しっかりと良いところと悪いところを冷静に見て判断する事が大事になってくるんです。

その中で大事になってくるのが、良い面も悪い面もバランス良く見て判断すること。そのためにも、付き合う中で相手の性格や価値観をしっかりと見極めるようにしましょう。

そして、それで付き合いたいと思った人ならば付き合ってから後悔するという可能性もきっと低いでしょう。

失敗を恐れる事!

よく今皆さんが見てくれているような恋愛に関する記事などを見ていると「恋愛は経験」まずはなんでも怖がらないこと!
みたいな言葉を目にすると思いますが、その言葉は信じないでください。

恋愛には経験は全くもって必要ありません。

自分の確かな恋愛観と、それに合う良い相手と付き合えられればそれで大丈夫なんです。

よくバーなどに行って「あの人は恋愛経験が豊富だから話聞いてみな?」って言われてその人の言葉を鵜呑みにしている人もいますが、冷静に考えてみてください。

「恋愛経験が豊富」=「恋愛で何度も失敗を繰り返している」という事なんです。
なのでむしろ絶対にアドバイスをもらってはいけないタイプなんですよね。

この例からもわかるように、恋愛は経験ではありませんし、場数を積めばいいという簡単な問題ではありません。

失敗の数だけ悲しみや辛さを味わうのが恋愛であり、そうならない為にしっかりと恋愛について深く考える事が恋愛で大事な事なんです。

100万歩譲って恋愛で経験が大事というのであれば、それは恋愛を経験した回数ではなく、恋愛について深く考えた数の事をそう呼べるのでしょう。

なので、この記事を読んでくださっている皆さんはそんなステマサイトに騙されないで、しっかりと自分が幸せになる為の方法を冷静に考えてもらえたらと考えています。

恋愛において失敗は怖いもの!しっかりと考えて恋愛をしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

この記事は他の記事とは違って少し自分の想像していた内容とは違ったのかもしれません。
私はこの記事を通して目先の続かない一瞬の幸せよりも、これから先何十年と幸せになってもらおうと思って皆様に大事な事をお伝えしています。

他の記事と私の記事、簡単に言うと浅い関係の友達の言葉とあなたのことを真剣に思ってくれている親友の言葉とでも思っておいてください。

読んでくれている方の幸せの為なら中途半端な綺麗事を言うつもりもありませんし、積極性を奪ってしまうかもしれません。

私もこういった記事を通して成長していくつもりです。
皆様の幸せのきっかけとなれるように日々精進してまいりますので、一緒に頑張っていきましょう。

今回も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました