《デートで彼女を満足させたい男性必見!!》確実にデートで満足させるコツ

恋愛

男性の皆さん、彼女の事は好きですか?

彼女とのデートを成功させるコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

《彼女とのデートのコツ》

今回はいつも彼女とデートしている人、そして好きな人とのデートを何としても成功させたい人に向けたデートのコツをお伝えしていこうと思います。

彼女とのデートにおいての様々な情報収集は確かに大切ですが、難しいプランニングは一切不要です。

そもそもの前提として、彼女はあなたのことが好きでデートしているわけですから、無駄な見栄や虚勢はかえって良くない結果を招く事だってあるんです。

という事で早速、彼女を満足させるためのデートのコツを一緒に見ていきましょう。

《彼女とのデートのコツ》遅刻は怒らない

彼女とのデートを楽しみにしてて綿密にスケジュールを立てて、集合時間の10分前には着いた。
それなのに彼女が遅刻してきた。

まあそれに対して腹が立ってしまう気持ちはわかります。
自分はこんなに気合い入れてんのに彼女はそうでもないのかな?なんて考えて嫌な気持ちになったり…

正直私はそう思っていました(笑)

でもそんな時でも考え方を変えてみると、彼女が遅刻してきたことを寛大な心で許すってすごく良いアピールになるんです。

「女の子って大変だもんね」

彼女は遅刻してきて申し訳ない気持ちでいる中で、何事もなかったかのようにこう言ってあげてください。
正直これが言えるとかなり評価は高いと思います。

内心でどう思ってしまっても仕方ないと思います。自分の感情にまで無駄に嘘をつく必要はありません。

ですが、良い男というのはマイナスの事態でもそれを逆転の発想でアピールポイントに変えられてしまうんです。

それにもしも待ち合わせの瞬間に良いアピールができれば、そこからのデートはもう完全にこちら側のペースで進められるのでオススメですよ。

《彼女とのデートのコツ》見せつけるよりも気づかせる優しさ

男性はなにかと良いところを見せようとカッコつけがちなのですが、残念ながらあまりそれは効果がないんです。

男性が勝手に決め付けている優しさは目に見えるものが多く、所詮は誰でもできるんです。
奢ったり車で迎えに行ったり「可愛いね」と直接伝えることも。

むしろ、そのわざとらしい優しさなどから違和感を感じるという人もいるとか。

なのでそういった見せつける優しさよりも気づかせる優しさというものを意識してみましょう。

それだけで女性からの印象も大きく変わってくるはずです。

歩く時には必ず歩道側を歩かせる

これはデート中の基本中の基本です。

もしも彼女がいる方なのであればこれができないと恥ずかしいレベルでしょう。

よく外国人の男性が女性をエスコートするなんてシーンをよく見かけますが、あれは極端すぎるので女性の中では引いてしまう方もいるでしょう。

ですが、歩く時に歩道側を歩かせるというのはさりげないながらも男らしさや、大事にされているという実感を与えやすい方法なのでとてもオススメです。

いちいち言葉に出して「俺は男だから車道側を歩くよ」なんて言う必要はありません。
何度も何度もデートを重ねていくうちに、彼女があなたの気遣いに気づいた時にさりげなく教えてあげましょう。

そうしたらまずは彼氏として最低限の合格ラインに到達したと言えるではずです。

階段は極力使わない

ショッピングなどをして上のフロアに上がる時などは極力エスカレーターやエレベーターを使うようにしましょう。

女性は、おしゃれのために歩きにくい靴を履いていたりもしますし、スカートなどを履いている人だと下着が見えてしまうのを嫌がる人もいるので階段は控える必要があります。

階段しかないような場所ならば仕方がありませんが、エスカレーターがあるのなら絶対にそちらを使うべき。

エレベーターもかなり上のフロアに行く時などだったら良いのですが、一階分くらいなのに毎回エレベーターを使用しようとすると無駄に待たされてしまい、うざったく感じられてしまう可能性もあるのでそこらへんはうまく考えましょう。

重いものは当たり前に持つ

これも彼女がいる男性としては当たり前のことになるのですが、これができていない男性は意外に多いので一応ご紹介しておこうと思います。

買い物などをした時に彼女が重いものを持つ瞬間は絶対にあってはなりません。
かといって、「重いなら持とうか?」と聞いてしまうのもナンセンスです。

中にはその言葉に遠慮してしまう女性もいますし、申し訳なさを感じてしまう女性もいます。

なので、重いものを持つという事を目的にするのではなく、さりげなく彼女が何も感じないように当たり前のように持ってあげるようにしてあげると良いでしょう。

そうするためにも、重いものを購入した時点で店員から商品を受け取るのは自分だと思っておくとすんなりと持つことができます。

飲食店ではソファー側を

デートをしている中で食事はしますよね。

そんな時にも気を抜いてはいけません。

座る席がどちらともが同じ席であれば、人が通る通路に背中が向いた状態で座れる席に座らせてあげたり、ソファー席と椅子の席で構成されているテーブルであれば必ず女性をソファー側に通してあげましょう。

中には椅子の席が良いという女性もいるかもしれないのでそこは女性の反応や目線に気を使いながら判断をしたり、座った後に「ソファーでよかった?」とさりげなく聞いてあげましょう。

あとは食事中に飲み物がなくなってきたりしたら気づいて店員さんを呼んであげることなどができれば合格点と言えるでしょう。

《彼女とのデートのコツ》さりげなく休憩を挟もう

デートを続けていると、あなたは疲れていなくても女性は疲れているかもしれません。

女性は男性よりも体力はないですし、ヒールや重たい靴を履いていたら男性以上に疲れてしまっていることでしょう。

そんな時はさりげなく休憩を挟んであげましょう。
そこで大事なのは「休憩する?」とは絶対に聞かないこと。

中にはデートの流れや雰囲気を崩したくないという女性もいますし、時には判断を委ねてしまうのではなく、こちら側が決めてあげることが優しさでもあります。

「喉乾いたしなんか買ってくるからそこに座っといて」「座って喋ろうか」

なんてさりげなく言ってあげると休憩しやすいでしょう。

そして、座った時にも「疲れたね」「歩きすぎて足痛いね」なんて言って女性の気持ちを引き出してあげると小さな違和感に気づきやすいのでオススメです。

そんな中で絶対にNGなのは、タバコを吸うこと。

ついつい休憩と考えるとタバコを吸いたくなってしまうのですが、それをしてしまうと彼女は休憩したのがタバコを吸うためだったと感じてしまうので、むしろマイナスポイントになってしまうでしょう。

わざわざ君のために休憩してあげているんだよ!なんてダサいアピールは必要ありませんが、あなたのために休憩していると相手に伝わってしまう言い方はむしろ大きなマイナスポイントになるのでそこだけはご注意を…

《彼女とのデートのコツ》知ろうとすること

男性から見ると女性の買い物って長いですし、自分に全く興味がないものを何回も見せられていると少ししんどいですよね…
その気持ちは少しだけわかります(笑)

ですが、そんな気持ちも自分ではバレていないと思っていても女性はそんな男性の気持ちを敏感に察知してしまうもの。

もしも、その気持ちがバレてしまうと彼女に気を遣わせてしまい、我慢させてしまいます。

そうならないためには、関心がないことでも関心を持つように努力をしてみましょう。

そうすると彼女側も買い物がしやすいですし、あなたがつまらないと思ってる時間でも会話が盛り上がるかもしれません。

それに、あなたが寄り添おうとしている姿勢から彼女も居心地が良いと感じてくれるはずです。

内心はつまらないな…
なんて思ってしまうのは仕方がないことです。

ですが彼女のことが好きだからこそ、彼女の好きなものを知ろうとしながら尊重してあげる姿勢はとても大事になってきます。

彼女の長い買い物に付き合うのは、僕たち男性の宿命です…
そこは彼女のために我慢しましょう。

《彼女とのデートのコツ》家まで送ってあげる

たくさん遊んでたくさん美味しいものを食べて、満足してしまいますよね。

デートプランを綿密に設計してきた男性ならばそこでプツンと集中力が切れてしまうかもしれません。
ですが、後一押し頑張りましょう。

デートも遠足と同じで、彼女が家にたどり着くまでがデートです。

たくさん遊んで食事もしてバイバイするならなかなか遅い時間になってしまっているはず。

それならば、男性は責任を持って家か駅まで送ってあげましょう。

「一人で帰れるよ」
「心配ないよ」

そんな言葉を言ってくる女性も中にはいるのかもしれませんが、ここに関してだけは聞く耳を持つ必要はありません。

「俺がそうしたいだけ」
「もう少し一緒にいたいだけ」

そこは多少カッコをつけてもいいので、なんとか押し切りましょう。

家まで送るのってなんだか面倒だと思ってしまう男性も多いかもしれませんが、私も彼女を家に送り続けて良かったという点は結構あります。

まずはデートで一通り楽しんだからかはわかりませんが、雰囲気がなんだかいい感じです(笑)

普段よりも深い話ができたり、自分への日頃の感謝の気持ちを伝え合えたり、カップルとして非常に大事な時間を作り出すことができました。

そして、彼女を大事に思っているという気持ちが伝わるということ。
一日で疲れた中で自分のことを思って行動してくれる姿勢に対して嬉しく思ってくれたり、愛を感じてくれます。

なので私は最後に家に送る時間が二人で一緒にいる時のデートの仕上げだと思っていました。

これができる男性は絶対に評価が高いので絶対に彼女を家に送るようにしてみてください。

《彼女とのデートのコツ》感謝の気持ちを…

楽しいところに連れて行って、美味しいものも食べさせてあげて、家まで送ってあげた。

そこまでのおもてなしができる男性はすでに十分カッコいいと思います。

ですが、それでも感謝の気持ちはしっかりと伝えましょう。
自分から伝えられるとさらに良いです。

自分が車を運転したのに?
ご飯をおごってあげたのに?
自分の方が絶対に感謝される立場だろ。

まあまあ同じ男性としてそう思ってしまう気持ちはわからなくもありません。

ですが、そこで感謝ができるからこそあなたの事をさらに、かっこいい男性に見せることができます。

しかも、私たち男性にはわからない努力を女性は日々しているもの。

毎日のスキンケアやお化粧やその他諸々、私たち男性には見えていない努力を女性はしてくれているんです。

デート終わりの感謝の言葉は、そういった彼女の日頃の努力に対しての言葉なんです。

そう思ったら、むしろ「ありがとう」の言葉じゃ足りないと思いませんか?
それでいいんです。

そうやって彼女を尊重できる姿勢を持っていればきっとあなたは彼女にとって魅力的な男性に見えているはず。

なので、デート終わりの感謝の言葉は必ず伝えるようにしましょう。

《デート中に気をつけること》

デートのコツについてはなんとなくわかっていただけたでしょうか?

ですが、デートではコツ以上に気をつけるべきところをしっかりとわかっていないと一気に彼女の評価を落としてしまう可能性もあるんです。

なので、完璧なデートをするためにもしっかりと気をつけるべき点を見ておきましょう。

《デート中に気をつけること》恩着せがましくしない

ついつい、自分がしっかりとデートを計画したりしていると「やってやってる」と思って態度が大きくなりがち。

「自分がこんなにもやってやてるんだから感謝しろ」と言わんばかりの態度をしてしまうと彼女もきっと引いてしまうはず。

意外とこれに気づいていない男性は多く、例えが食事をおごってあげた後にも「さっきは◯◯奢ってあげたからな!」なんて言ったりしていませんか?
そういうのは正直むちゃくちゃダサいです。

何かをしてあげてもその後に恩着せがましくされてしまうなら、しないでくれた方が良かった…
なんて思ってしまいます。

こういった恩着せがましい態度は大きなマイナス点になるので、恩着せがましくしなくてはならないくらい余裕がないのであれば見栄を張らずにおとなしくしておきましょう。

《デート中に気をつけること》せっかちな態度

さらに気をつけないとならないのはせっかちな態度。

ドライブ中だったり食事に来て注文した料理がなかなかやってこない。
そんな時にイライラしてしまっていませんか?

自分では口に出していないから伝わっていないと思っていても、実はそういった態度は自然と出てしまうもの。

貧乏ゆすりをしてしまったり、舌打ちをしてしまったり。
そういった態度はかなり彼女に悪い印象を与えてしまいます。

また、貧乏ゆすりや舌打ちはわかりきってせっかちな態度なので気をつける方もいるかもしれませんが、目の動き方や口のピクつきといった細かい部分に気が回らない人が多いのでそういったところも気をつけましょう。

《デート中に気をつけること》不満の言い過ぎ

「人並びすぎ」
「車の渋滞がうざい」
「この飯まずいな〜」

そんな不満をすぐにくちにしてしまっていませんか?
そういった不満を口にしてしまうと彼女に気を使わせるだけでなく、雰囲気を悪くしてしまいます。

確かに思ったことを口にしてしまう気持ちはわかりますが、その言葉によって相手を嫌な気持ちにさせてしまったり、雰囲気を悪くしてしまうのであればあなたのその言葉は何も良いものを生みません。

もしもどうしても思ったことを口にしたいという場合には、言い方などを考えてみましょう。
言い方によってはそのあなたの不満が笑いになったりプラスの方向に傾く可能性もあります。

思ったことをすぐに口に出してしまう前に、少しだけ考えて言い方を変えられるとむしろ良い結果を生むのでオススメですよ。

《デート中に気をつけること》店員への態度

意外とよく彼女が見ているのは店員へのあなたの態度。

まあ女性にも言える話なのですが、コンビニや飲食店などで「自分は客だから」という姿勢で接してしまってはいませんか?

「自分にとってどうでも良い人への態度が将来の恋人への態度」と言うように、そういった偉そうな態度はかなり彼女にとってはマイナスポイントです。

わざとらしく感謝して良い人アピールしている人も気持ちが悪い気もしますが、最低限の「お願いします」「ありがとうございます」という姿勢は言葉や態度で示せるようにしましょう。

それができない人というのはかなり多いですが、そんな人として当たり前の態度ができるだけでも恋人に良い印象を与えることはできますので注意してみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した内容はあくまで幾つかの例にしか過ぎません。

ですが、こういったことをしっかりと気をつけて理解しているだけで彼女からの印象も変わりますし、二人の関係もさらに良い方向に進んだりするもの。

この記事を通して男性の皆さんに伝えたかったことはどれだけ彼女を尊重できるのかということ。
そのためにはこの記事で読んだ内容だけではなく、彼女の立場で物事を考えて行動する必要があります。

まあ今回の記事で紹介したことを全て完璧に理解して実践できるのであれば全くもって問題はないと思います。

同じ男性として、皆さんが皆さんが彼女と今よりデートを通して素晴らしい関係になってくれることを願っています。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました